【FXトレードノート12/27】閑散相場と言いつつ、クリスマス休暇明けの欧州の勢い

トレードノート

年末は閑散相場と言われますが、欧州の勢いが強い1日でした。

デイトレード〜スイング気味(結果的に)になりましたが、本日は負け越し、といったところ。含み損を週明けに持ち越します。

《ユーロ/円》121.700ショート

移動平均の傾き通り、トレンドは上目線でしたが、RCI短期の下げが強く、RCI中期も下げ始めたので、ショートでのエントリー。

そのまま中期もズル下げで落ちていき、一定で反発。その前にサクッと利確を狙っていました。

が、見ての通り、綺麗なV字回復…

クリスマス休暇明けの欧州、勢い強し

欧州は12/24〜26までクリスマス休暇でした。この期間の値動きが少なかっただけに、休暇明けの反動は大きく…綺麗に焼かれました。

また、年末年始は閑散相場と言われていたため、逆行・含み損を抱えた時点でもそこまで焦りはなく…目を離した隙に、手をつけられないところまで吹き上がりました。

ユーロ/円の売り、プラススワップに依存

ユーロ/円は売り(ショート)ポジションでプラススワップ、買い(ロング)ポジションでマイナススワップとなります。

スワップによる損益を意識し始めてから、マイナススワップ方向へのエントリーに足踏みするようになってしまいました。

明らかなトレンドがあっても、「当日決済できないと、マイナススワップか…」と考えるようになり、なかなかエントリーできません。反対に、「プラススワップなら逆行しても良い」と考えがちな最近。この辺りは改善していかなければなりません。

《ユーロ/ドル》1.11250ショート

これは明らかにミスですね。最近のドルの強さに加え、イギリスのEU離脱問題も抱えるユーロ圏にそこまで強さがないと考えましたが…見事に逆行。

プラススワップへの期待感

先述した通り、ポジション保有によるプラススワップに目がくらみ…焦ってポジションを持ってしまうことが増えました。

ユーロ/ドルもショート(売り)ポジションでプラススワップが得られます。ちなみに、ユーロ/ドルは大晦日の12/31に、3日分のスワップが付与されます。ここまでズルズル保有し続けるか、損切りするか、悩みどころでもあります。

ユーロ/ドルは上目線か

日足のチャートを見ても、ユーロ/ドルの目線は上な気がします。日足レベルでみて、1.1175を実体抜けしてきそうな気配です。

ショートでもたついている私がいうのもあれですが、やはり損切りを視野に入れて来週を待ちます。

《ユーロ/ポンド》0.85112ショート

ユーロ/ポンドに関しては、ポジション保有から数日経っています。

移動平均線、RCIどちらも当たらず

2時間足で見ると、画像中の17時時点で、短期移動平均線が中期移動平均線を下抜く、デッドクロスが形成されそうでした。

また、RCIも短期・中期・長期ともに下向きだったのが、グイっと上向きに変わり…グングン伸び上がっていきました(涙目)

トントンで決済チャンスくるも、逃す

そんなユーロ/ポンドですが、損益なしで決済して逃げるチャンスはありました。が、寝落ちしていたため逃し、再び上昇。

ただ、今度こそ移動平均線のデッドクロスを形成しそうなので様子見とします。

ユーロ/ポンドは日足でも下目線

安心材料としては、日足で見ても、トレンドは下目線です。中期移動平均線に頭を抑えられるように下降しています。

しかし、短期移動平均線は徐々に上昇しているので、ここらを底にゴールデンクロス形成、トレンドが上に変わる可能性はあります。

0.85000を目指して落ちて欲しい…(願望)

総括・反省

  • スワップを意識しすぎない。
  • 休場明けの動きに注意する。
  • 焦ってエントリーしない。

特に年末年始ということもあり、動きは読みづらい傾向にありました。しかしまぁ…逆行の多いこと。

ミスをする時は、大体同じ形でミスをしますね。週明けにプラ転することを願います!

 

爆益あれ!

コメント

  1. […] 【FXトレードノート12/27】閑散相場と言いつつ、クリスマス休暇明けの欧州… […]

タイトルとURLをコピーしました