あはき師が副業として開業届を出すタイミングを考える

個人事業主開業イメージ 個人事業

鍼灸師・按摩マッサージ指圧師(以下、「あはき師」)が副業として開業する場合の、ベストなタイミングを会計の面から考えてみます。

日々の施術をしていると、天候の影響、突然のキャンセルなど、日によって患者さんの数がマチマチだと身に沁みてわかります。業界的にも、1人5000円ないし6000円ほどの金額と計算した上で商売をする形態上、日々の売上にも波があり、独立や開業に踏み切ることができない人が多くいます。

副業として開業を考えている場合、特に青色申告の性質上、年間の副業収入が20万円以下であれば、確定申告をする必要がありません。つまり、ザックリ年間20万円を超えない程度の副業の仕事量であれば、開業届も不要と考えて良いとも言えます。

そうした仕組みについてまとめてみます。

副業収入20万円以下なら確定申告は不要。開業の必要もなしと考えられる

あくまで給与所得以外の副業

一般的に、勤務している本業において年末調整している場合、「給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はない」と言われています。

例えば副業がアルバイトなどの雇用形態で、給与所得としてお給料をもらっている場合は、金額の大小に関わらず確定申告が必要になります。

売上が20万円を超えていたら、経費を確認

副業で年間20万円以上稼いでいても、副業の業務に必要な経費があれば、それを売上から引いてみましょう。

鍼やお灸、施術に用いるタオルや、往診の場合の交通費などを合わせると、それなりの金額になります。あくまで課税対象は所得(売上から経費などを引いたもの)なので、副業による所得が20万円を超えないようであれば、その時点で開業届を出す必要もないでしょう。

  • あはき治療の業務上、経費にできる項目のまとめ【作成予定】

ボクは20万円以下でも確定申告してるよ

「20万円以下なら確定申告不要!」とは理解しつつも、ボクは毎年確定申告をしています。もちろん、副業収入は毎年20万円以下です(苦笑)

住民税には反映されるよ

副業収入が20万円以下なら確定申告が不要なのは、あくまで所得税についての話です。所得税の他にも、所得に応じて決まる住民税があります。住民税は副業収入が20万円以下でもきっちり一人分の所得とみなされ、税額が確定します。

副業の赤字を本業の給与所得と合算できるよ

ボクは初年度に、ホームページのサーバーやドメイン代金、持ち運びベッドやタオルなどを準備するために、結構経費がかかりました。その結果、初年度は副業収入がほとんどないものの、経費だけがかかるいわゆる赤字でした。

しかし、青色申告をすることで、副業部分での赤字を本業の給与所得と合算することができ(「損益通算」というらしいです)、結果的にボクの合計所得が減り、税金も低くなりました。

会計について学ぶ良いきっかけになるよ

確定申告(青色申告)をする際、会計に関する少し煩雑な知識が必要になります。しかし、税金に関することや、会計上の決まりごとなど、こうしたきっかけがないとなかなか知る機会がないことばかりです。

患者さんとの会話でも、医療費の確定申告などから、税金や会計の話をすることが多くあります。こうした仕組みを知っておくのも悪くないですね。

おわりに

税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出・受理されると、個人事業を営んでいると認識されます。個人事業が副業であれば、収益20万円以下の場合には控除され、確定申告は不要となり、税金はかかりません。

しかし、税務署はしっかりと「あなたが個人事業主として開業している」ことを認識しています。現実に売上が20万を超えていなくても、それが何年も続けば脱税などあらぬ疑いをかけられることもあります。

そのため、副業として個人事業を開業する場合、だいたい年間で20万円以上の売上が見込めるようになってからでも遅くありません。年間20万円ということは、1回の施術が5000円の患者さんを月に3人から4人くらいの計算になります。反対に、月に3人から4人しっかりと自分に患者さんがついているのであれば、胸を張って開業届を提出し、個人事業主として副業する権利があるのも、あはき師の強みでもありますね。

 

ワラビーでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました